スチームファースト公式サイト


スチームクリーナーを粗大ごみに出すときのルールとは

 

スチームクリーナーは短時間でキッチンの油汚れ、風呂やトイレ、換気扇のフィルター、窓やサッシなどを約100℃の高圧スチームを使って、綺麗にすることが出来る上、除菌までが出来ると言ったメリットを持つ万能アイテムであり、普段の掃除でスチームクリーナーを利用すれば、頑固な汚れも綺麗に落とせる事からも人気が高くなっています。

 

従来ならば、洗剤などを利用してゴシゴシと汚れを落としていたものが、スチームクリーナーを利用すれば簡単に汚れが落とせますし、しかも楽に行えるなどからも人気が高くなっているのです。

 

所で、このスチームクリーナーは新しく買い替えをする時などは処分をする事になります。
処分方法としては粗大ごみに出すと言う方法が一般的ですが、ハンディタイプやキャスタータイプなどの種類が有りますが、ハンディータイプの中でも30pもしくは50pを下回る場合は、可燃ごみとして処分する事が出来ますが、これらのサイズを上回る場合などでは粗大ごみとして処分する必要が有ります。

 

尚、30pや50pというのは地域により様々であり、一辺の長さが30pや50pを越えた場合は粗大ごみ、それ以下の場合であれば可燃ごみと処分出来るなど地域により異なりますので、処分する場合などではその地域のルールに従う事が大切です。

 

スチームファースト公式サイト



inserted by FC2 system