スチームクリーナー選びで注目したいポイントは?

 

スチームクリーナーって使ってみたいけど、本当にCMみたいにきれいになるか分からないし、そんなに酷い汚れもないし家では必要ないかも…。

 

スチームクリーナーを使ってみたいけど、種類がいっぱいあってどうやって選べばいいか分かんない! そんな風に悩んでしまう人のために、ここでは本当に使えるスチームクリーナーをランキング形式でお伝えしたいと思います。

 

【本当に使えるスチームクリーナーランキング!!】

  商品名 ここがいい!! マイナスポイント
1位

スチームファースト
>>公式サイト

  • 連続使用45分!
  • キャニスター式で使いやすい
  • ボイラー式で高温スチーム
  • アタッチメントが豊富
  • カルキ除去パウダーで面倒なすすぎが不要
  • 専用洗剤スチームマジック付き(植物由来で無害)
  • 収納△
2位

ケルヒャー
スチームクリーナー
>>販売サイト

  • キャニスター式で使いやすい
  • ボイラー式で高温スチーム
  • デザイン〇
  • 効果
3位

アイリスオーヤマ
スチームクリーナー
>>販売サイト

 

  • キャニスター式で使いやすい
  • ボイラー式で高温スチーム
  • 重い
  • お手入れ方法

   シャークスチームクリーナー   ・セットでお得な印象      スチームの威力△
   >>販売サイト

 

スチームクリーナーを選ぶ上で、最も重要視したいところは以下の4つです。

クリーナーの形

 

  • スチームクリーナーの形にはいくつか種類があります。片手で持てる小さなタンクを使うハンディタイプ。
  • 棒状のクリーナーにタンクが付いているスティックタイプ。
  • 掃除機のように水を入れる本体部分とホースノズル部分に分かれるキャニスタータイプ。

もっとも使いやすいのはキャニスタータイプと言われており、残りの形状のものは掃除中に重さを感じてしまい使いにくく、使用できる場所やスチームが出る時間が限られていることからあまりおすすめできません。

 

スチームの出し方

 

スチームの出し方、タンクにいれたお水の温め方にも種類があり、本体内で沸騰させたものをスチーム噴射するのがボイラータイプです。それ以外は噴出直前に熱いパネルでスチームを作るので、噴出時に温度が下がってしまい洗浄力、殺菌力が下がってしまいます。

スチームの温度を高く維持できることは洗浄力に大きく関わりますから、スチームクリーナーの最も重要なポイントです。

 

連続使用時間

 

使いにくいスチームクリーナーは、すぐにスチームが出なくなってしまい、一度のお掃除でなんども給水の必要があるものです。ハンディタイプやモップタイプのクリーナーはどうしてもタンクの大きさが限られてしまうので、連続使用時間が短くなってしまいがち。これでは、本当に頑固な汚れを取りたいときや、水道から離れた場所を掃除するときは大変不便です。

一度の給水でどれくらいの時間連続して使用出来るのかということは大変大事なポイントです。

 

価格

 

価格は最も気にする人が多いポイントかもしれませんが、以上にあげたポイントを満たしていなければ、肝心の洗浄力に難があったり、使いやすさに難があったりしてかえってお掃除が大変に。これなら洗剤とスポンジの方が早いとなってしまってはスチームクリーナーの意味がありません。

だからこそ、お値段だけで判断するのではなく、スチームの質やクリーナーの形状をよく確認した後、長く使う上でもっともコストパフォーマンスが良いものを選ぶ必要があります。

 

まとめ

 

スチームクリーナーと言えばスチームの威力ばかりが目につくかもしれません。これも確かに大事な要素ですが、実際に使うことを想定したとき、本当に役に立つのか、家の中で活躍するクリーナーなのかというのは、意外に細かいところで差が出たりします。 例えば意外に不便に感じるのが、重いということや給水が面倒ということ。

 

だからこそ、性能はもちろんですが、いかに使いやすく手入れしやすいかというところに眼目を置く方がかえって良い買い物をしたという気持ちになると思います。

このランキングは、それぞれの性能についてというよりは、いかに買いやすく、長く使えて、家の中で役に立つスチームクリーナーなのかを考えながら作りました。

 

大いに参考にしていただきたいところですが、結局は好みの問題です。いかに優れたものでも気に入らなければ使わなくなるのです。 このランキングを参考にされた方も、ぜひご自分の目で各商品サイトに訪れた上で、自分に合った商品を見つけていただきたいと思います。

スチームファースト公式サイト



inserted by FC2 system